検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

カテゴリーから商品を探す

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • レクサスLEXUS-jpn.com 返品に関するご案内
  • レクサスLEXUS-jpn.com 送料に関するご案内

  • 大人気!カールソンホイール2/16 RS ダイヤモンドエディション/ブラックダイヤモンドエディション
  • WALDブラックバイソンエディション レクサス用好評発売中!
  • レクサスRX用エアロパーツ

LEXUS専門店Lexus-jpn.comおすすめアイテム!

レクサス LS用 Carlsson ホイール 2/16 RS ダイヤモンドエディション 21/20インチ

レクサス LS用 Carlsson ホイール 2/16 RS ダイヤモンドエディション 21/20インチ

価格お問合わせください

ベンツチューナーでおなじみのカールソンの大ヒットホイール!

レクサス LS後期用 Fスポーツ TOM'S フロントスポイラー

レクサス LS後期用 Fスポーツ TOM'S フロントスポイラー

税込特価 58,320 円

LS後期Fスポーツ用のスタイリッシュなフロントスポイラーです。

ディクセルブレーキパッド

トムスデイライトキット

レクサス モデル紹介

レクサスLSLEXUS LS

レクサス ラグジュアリーセダン(LS)4代目は2006年に発表されました。セルシオからの発展系としてでは無く、レクサスブランドを確立させるハイエンドモデルとして全てが新開発された最高級サルーンがこのLSです。

新型LEXUS LSは、新設計シャシー及びコンポーネンツ、V型8気筒エンジンは4600ccシリンダー内直噴と従来からのポート噴射の組み合わせにより385psを出力。電子制御8速ATで完璧なギアセレクト、電子制御によるエアサス仕様マルチリンク式サスペンション、安全装備ではアクセル、ブレーキ、ステアリングを総合制御するVDIM、プリクラッシュセーフティシステム、Gセキュリティなど世界初の新技術を装備して世界基準の最高級ブランド「LEXUS」確立のために誕生しました。

2007年、LS600h/LS600hLハイブリッドモデルが追加。エンジンはV型8気筒5000ccとハイブリッドシステムの組み合わせで 6000cc並みのパワーを確立したことにより、LS600の命名されました。
基本構造はプリウスと同じ方式ながら、トランスミッションに2段変速式リダクションを追加するなどして滑らかな走りを実現。また、ブレーキの大口径化による制動力向上、安全面では LEDヘッドライトの採用、電動アクティブスタビライザー搭載等、重量増加対策も強化されました。

2008年からはロングボディーLS460Lと4DWを搭載したAWD仕様が日本市場にも投入されました。
2009年大規模マイナーチェンジ。バンパーデザインの変更、新色の追加とファイン・グラフィックメーターの設定、シートやウッドパネルなどインテリアをフリーチョイスすることにより自分だけのレクサスLSを楽しめるカスタマイズプログラムとなりました。

レクサスGSLEXUS GS

レクサス グランドセダン(GS)は、レクサスのミッドサイズモデルとして2005年に発表されました。レクサスの独自性を表現したそのプロポーションは、ロングキャビンのエレガントプロポーションとダイナミックな走行性能を実現しました。

レクサスGSの搭載エンジンはV8型4.3LとV6型3.5Lの設定があり、特にGS350はV6でありながら 315ps、量販モデルの中でも高い走行性能を誇っています。

2006年からは世界初後輪駆動となるLEXUS GS450hハイブリッド車が追加されました。
GS350をベース車両として新開発電気モーターをトラッスミッションケース内に置きパワーアシストとして使用する方法により、V6型3.5Lでありなから4.5Lエンジン同等のパワーを獲得した為、450hと命名されました。

2007年マイナーチェンジからLEXUS GS430はエンジンを新開発V8型4.6Lに変更。トランスミッションも電子制御8速ATへ変更された結果347psへと大きくチューンアップされ、レクサスらしい「ゆとり」と「ときめき」に満ちた走りを実現しました。
2009年モデルからは新色の追加とむち打ち症害軽減に有効なアクティブヘッドレストの装備、レクサス初となるソフトプライバシーガラスをリアースクリーンとリアードアーにも全車標準装備されました。

レクサスISLEXUS IS

ヨーロッパで先行販売されていたレクサスのエントリーモデル、レクサス インテリジェントスポーツ(IS)。2005年より日本市場においても「レクサス」独立ブランドとしての正式発売が始まりました。

レクサスISはV型6気筒3500cc・V型6気筒2500ccの排気量が設定され、6速電子制御A/Tとの組み合わせにより、走りを強調したモデルとして位置づけされております。

LEXUS IS350はIS専用スポーツチューニングが施され318psを出力。同型のGS(315ps)よりハイパワーとなっています。4輪駆動の電子制御AWD仕様車は、IS250のみの設定です。

2006年の年次改良では、サスペンションレートの見直しと「Version I」モデルの追加が行われ、ISとしては計4種類のモデル設定となりました。また翌年の年次改良では主にインテリアの見直しが行われ、本皮シート及びインテリアウッドパネルに新色と新素材が追加されました。

2008年度のマイナーチェンジでは、フロントグリル・前後バンパー・アルミホイール・タイヤサイズ・テールランプ・LEDウィンカードアミラーなどの外装と、ダッシュセンターエリアのナビモニター・エアコン噴出し口などが意匠変更を受け内外ともにリフレッシュ。その結果、乗り心地や静粛性、操舵性を向上させました。また「Version I」の廃止により「Version S」「Version L」「標準仕様」の3モデルに統合され、IS250にも車両安定化制御システムVDIMが標準装備されるようになりました。

2009年、「Versoin F」モデル追加。再び4モデル構成となり現在に至っています。

レクサスIS FLEXUS IS F

「操る楽しさ」を極限まで追求― ISをベースとしたレクサスの本格派スポーツモデル「IS-F」は2007年リリースされました。

注目のエンジン2UR-GSEはV型5000cc(LS600hとボアストロークこそ共通ですがエンジンヘッドを中心にトヨタ+ヤマハの伝統あるチームワークにより開発され、2TGより続くトヨタスポーツユニットとして歴史ある「G」を冠されています)。そこにパドルシフト電子制御8速スポーツダイレクトミッションが組み合わせられた結果、最高出力423ps(311kw)最大トルク51.5kg/5200rpmと驚異的なパワーを纏うことになりました。燃料噴射は気筒内直噴と従来からのポート噴射の組み合わせとし、オイル循環には本格的サーキットを可能にするべくスカベンジポンプを採用。さらにサージタンク、マフラーも改良され徹底した給排気チューニングを施した結果、レーシングエンジンの世界に近い究極スポーツエンジンの誕生となりました。

パドルシフトによる8速トラスミッションは2速から8速まで全てのギアがロックアップされ直結することで、エンジンパワーを直接タイヤに伝達することが可能となりました。また「Mポジション」と呼ばれるマニュアルモードが設定されており、パドルにより大きくシフトダウンした場合でもブリッピングコントロールによりエンジン回転数とトランスミッション回転数を同期させたプロレーサー並みの素早いシフトダウンを実現しています。

ブレーキはイタリアBREMBO社と共同開発した6ポッド対向ピストンキャリパーと大口径ドリルドローターを使用。組み合わせられるブレーキパッドにはドイツ JURID製IS-F専用開発の高摩擦ブレーキ材が採用されています。

2010年モデルからは本格的サーキット走行に不可欠なリミテッドスリップ(トルセン式)が標準装備され、コーナーでのアクセルによる細かいボディコントロールが可能になりました。

レクサスSCLEXUS SC

レクサス スポーツクーペ(SC)は、4代目ソアラをベースとして大型クーペ&メタルトップコンバーチブルの基本設計を元にレクサスモデルとしての大幅改良が施され、2006年に誕生しました。デザインコンセプトはレクサス車共通の「矢」。そのシャープなイメージがモチーフとなっております。

ソアラからの変更箇所は、構造からインテリアまで広範囲にわたります。基本ボディ及びフロアのストラクチャ剛性が大幅に見直され、サスペンションが新型モノチューブダンパーへと変更されました。また新型ヘッドランプはインテリジェントAFSを導入。リアコンビネーションランプにはLEDが採用されました。インテリアは本革やウッドパネルを使用し、レクサスに相応しい高品質な設えとなっています。

エンジンはV型8気筒4300cc(280ps)。組み合わせられるミッションはNavi Aiシフト付き電子制御6速ATシーケンシャルシフトマチックとなっています。

2009年の年次変更では、インテリア色のオーダーメイドが可能となり幅広い個性的なコーディネートが可能になったと共に、ナビがHDDへ、ドアミラーがウインカー付きへと進化しました。またオーディオがマークレビンソンプレミアムシステム標準装備となりました。翌年にはアルミホイールも新デザインに変更され、イルミネーテッドエントリーシステムが導入されました。

そのラグジュアリー感から「これぞレクサス」との呼び声も高かったレクサス SCですが、2010年7月末での生産終了が発表され、惜しまれつつその歴史に幕を閉じることとなりました。

レクサスRXLEXUS RX

レクサス RX(ラディアントクロスオーバー)2009年レクサスの新型クロスオーバーSUVとして発売されました。レクサス RXは、世界でも競争の激しいこのクロスオーバー車セグメントにおいてレクサスが出した「結論」となります。

トヨタの人気車種ハリアーと共通項が多いという印象のレクサス RXですが、実際はハリアーに比べ全幅で40mm・全長35mm・全高10mmボリュームアップ。フェンダー、トレッドもワイド化を果たし視覚的にも安定感を増すこととなりました。また、ウエストラインより下側が膨らんだフォルムは重厚感と高級感に大きく寄与し、従来ハリアーの焼き直しでは無くオリジナルRXのポジションを確立しています。

RX350にはV6型3500cc(280ps)エンジン+電子制御6速ATが、ハイブリッドモデルRX450hにはV6型3500cc(249ps)アトキンソンサイクルエンジン+CVT方式ATミッションが搭載されています。また四輪駆動AWDシステムでは、後輪の駆動力はエンジンパワー使用せず電気モーターだけの駆動方式を採用しており、その結果プリウスやLS600hと同じEVモードが新しく装備されることとなりました。

RXには新装備が多いことも特徴です。LEDヘッドランプをはじめ、ナビのリモートタッチ、ヘッドアップディスプレー、シートベンチレーションやクショッン長可変機能、セミアニリン本革シート、高級ウッドパネル、パワーバックドア、サイドエアーバックなどの装備とVDIMが全車標準装備されています。

レクサスHSLEXUS HS

レクサス ハーモニーセダン(HS)はLEXUSブランド初のハイブリッド専用車として2009年発売されました。ISと比較し全幅がやや狭いこと以外は、同等のキャパシティながらFF駆動、4気筒サルーンの成り立ちから競合する部分が無く保守的デザインを持った“大人のための1台”となっています。

最新のトヨタプラットォームに4気筒2400ccガソリンエンジンとプリウスにも採用されるTHS-II(リダクション機能付き)ハイプリッドシステムが組み合わされた結果、プリウスよりも優れた静粛性とパワーとスムースネスを実現しながら脅威の高燃費を記録しています。

エンジンは直列4気筒2400cc(150ps)ハイブリッドシステム出力143ps システム最高出力190psのパワーソースと組み合わせるミッションは電気式無段(CVT)変速機。段差の無いスムースで力強い走行を可能にしています。

HSはレクサスに共通するデザインポリシーに基づき高い空力性能に犠牲にされることのない居住性を確保。トランクにはゴルフバック4個の積載を可能とする大容量となっています。
エクステリアでは最新技術であるLEDヘッドライトが、安全装備ではS-VSC、SRSエアーバック、レーダークルーズコントロールなどが採用されています。またインテリアでもレクサス流儀は踏破され、セミアニリン本革シート、高級ウッドパネル、ヘッドアップディスプレーなどの充実装備が施されています。モデルは18インチホイール装備のスポーティタイプ「Version S」、充実装備の「Version I」、安全装備も充実させたシリーズトップモデル「Version L」「標準仕様」の4モデル設定ですが 、「標準仕様」でもナビの装備など充実した内容となっています。

レクサスLEXUS-jpn.comお問い合わせフォームへ

新着情報RSS

2016年08月03日

【夏季休業のお知らせ】

平素はLEXUS-Jpn.comをご愛顧いただきましてありがとうございます。誠に勝手ながら、8月11日(木)~8月16日(火)まで休業とさせていただきます。休業中もご注文を承りますが、商品の受注・発送業務、見積もりご依頼・お問い合わせへのご回答は8月17日(水)より順次対応させていただきますのでご了承ください。

 

VISA/Masterカードがお使いいただけます

業販FAXフォーム

SSL SSL Certificate Authority 当サイトはSSL暗号化に対応しておりますので、安心してショッピングをお楽しみいただけます。

レクサスパーツの専門店 LEXUS-Jpn.comページのトップへ